横浜で注文住宅を建てる!
30代夫婦(+長男+母)がマイホームを建てる日記です。
土地の高い横浜で、はたして満足できるマイホームは建つのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嬉しい知らせと小トラブルの報告
前回の建築現場での打ち合わせ時に、現場監督さんから嬉しい報告がありました

以前の記事などで、
我が家の1Fの小窓はできるだけスマートに見せるため、
面格子を取り除いて、防犯フィルムを貼って対応すると書いたと思います。

するとサッシ&ガラス屋さんの方から、
防犯フィルムの費用で防犯ガラスを入れてくれるという嬉しいサービスの提案があったそうです

もちろん防犯面でも耐久面でも防犯フィルムより防犯ガラスの方が上です。

小窓とはいえ、6ヶ所あるので費用のことを考えると結構なサービスではないでしょうか?

ちなみにこのサービスには少し裏がありまして、
防犯フィルムは施工者の技術によってはシワやゴミが入ってしまってクレームがあったり、
経年変化でくもったり、剥がれたりするそうです。

サッシ&ガラス屋さん的にはそういったトラブルの少ない防犯ガラスの方が、
のちのちのことを考えるとラクな選択になるようなのです。

サッシ&ガラス屋さんの技術力に少し不安を感じましたが、
性能が良いものを安く入れてくれるので、この提案はもちろん了承しました。

続いて、トラブルの報告です。
打ち合わせ時に今いただいている図面より細かいものもらったのですが、
(住設備の取り付けなどが加えてある)
その中のキッチンファニチャーが、最終仕様の打ち合わせ時のものと違うものになっていました。

セシボで標準ではいるのがコレの下2段が開き戸タイプのもの
img_storage_05.jpg


サンウェーブの取り付け図面に書かれているのが
コレ
a_20110915060743.jpg

カラーはどちらもカタログから抜粋したものなので違います。

違うのは組み合わせです。
セシボ標準品はコの字型のもので吊り戸がガラス戸ではありません。
しかし、図面だと吊り戸の下端がそろっていない組み合わせで、
ガラス戸タイプのものになっています。

このことに関して、IC兼設計士さん、アイフルホーム、私たちで、
「どうしてこうなった」ってカンジでやり取りしたのですが、
結局、サンウェーブの図面が間違っており、
予定通り標準品が予定通りの費用で入ってくるようです。

一時は設計士さんかアイフルホーム側の間違えの可能性があり、
お詫びとして標準品の費用で吊り戸がガラス戸タイプ(2枚目の写真の方)が入ってきそうになって、
ガラス戸タイプの方が高いので「得したね~」なんて妻と話していたのですが、
ちょっと残念な結果になりました



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

ダウングレードなのにコストアップ!?(キッチン)
以前、キッチンの記事でセシボEXの標準のキッチンはサンウェーブのアミィで、
パタパタくんが装備されると書いたと思います。

パタパタくんはこれ
img_patapata_01.jpg

調理器具が仕舞える収納ポケットで、
このパタパタくんは収納できるおたまやフライ返しのサイズを選ぶとも書いたと思います。
妻はこのことに納得済みで、アミィに合ったサイズの調理器具を買い直す予定でした。
しかし、打ち合わせの最終確認になって、実際にモデルハウスのパタパタくんを使用したところ、

「思ったより使いにくい。使わないかも?」

「お母さん(私の母)が使えないかも?」

という話が出て、
ダウングレードして、下の包丁やキッチンバサミのみ収納できるミニパタくんにすることにしました。
img_minipata_01.jpg

若干ながらコストダウンになるかな~なんて思って見積もりを待っていたら、
実際に上がってきた見積もりは16,000円のコストアップ

理由は標準のアミィはセシボEX用に大量発注しているので、
標準から外れるダウングレードは逆にコストアップになってしまうことがあるとのこと。

ダウングレードしても差額なし(プラスもマイナスもなし)になることはあるとは思っていましたが、
プラスになってしまうとは思いませんでした。

営業マンも申し訳なさそうにしてましたが、
「キッチンは女性のこだわりが強く、毎日使うところ。気になるならコストアップしても変更したほうがよい」というアドバイスを受け入れ、
コストアップしても妻の希望を受け入れ、ミニパタくんに変更することにしました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

トイレ
キッチンの次はトイレになります。

我が家は1Fと2Fにトイレを設置しました。

理由は、洗面化粧台と同じように、母もおり子どもがもう少し大きくなったら、
トイレの混雑が予想されたからです。
あとは単純に私たち夫婦が、夜中にトイレに行く際に1Fまで降りるのが面倒だからです

1Fのトイレはセシボの標準品でINAXのベーシアで、B1というグレードです。
これ↓なります。
1_20110724070258.jpg

ベーシアはビルダー向け?の商品らしく、一般のカタログには載っていません。
おそらく一般製品のアメージュZの廉価版になるようです。
機能としては、超節水ECO5、レディスノズル、まる洗い洗浄、ハイパーキラミック、
プロガード、キレイ便座
となり、
アメージュZのウリの1つであるお掃除リフトアップW脱臭などの機能がありません。
でも、現在の自宅の古いトイレと比べれば、機能充実なので標準品でいくことにしました。

2Fのトイレは見積もりの段階では1Fのトイレと同じベーシアを入れてもらっていたのですが、
コスト削減のため、一般製品のアメージュC(下位グレード)にして、
ウォッシュレット暖房便座を省いてもらいました。
これ↓なります。
2_20110724071223.jpg



妻の要望で節水機能と防汚の機能はつけてもらい、シンプルなトイレにしました。
これで5万円程度、コストダウンになりました。

余談ですが、のちのちウォシュレットと暖房便座を後付けできるよう、
2Fトイレにも電源を確保してもらってます。

私はオプションなので選びませんでしたが、
もちろんINAXのタンクレストイレも選べるようになっています。

どちらの便器もカラーはピュアホワイト
1Fは壁紙の雰囲気と合わせてピンク(笑)にしたり、
1Fと2Fを違うカラーにしようとオフホワイトやベージュも考えたのですが、
壁紙が白を基調としていること、
1Fのトイレはオプションの手洗い器がピュアホワイトであること
などを考えた結果、1番合うのがピュアホワイトということで、
このような選択となりました。

設計士さん曰く、オフホワイトやベージュを希望される方もいるようですが、
ダントツ人気でピュアホワイトらしいです。
グリーンは絶対やめた方がいい」と言われましたが、
完成見学会で行ったお宅がグリーンだったんですけど・・・(苦笑)

トイレ自体の選定はスムーズだったのですが、
悩んだのはは1Fトイレの手洗い器です。

2Fのトイレはトイレ横に洗面化粧台があるし、
お客さんが入ることも少ないと思われたので、室内用の手洗い器は「なし」にしました。
1Fのトイレについては、お客さんも入るだろうし、洗面化粧台のある洗面洗濯室には入って欲しくなかったので、トイレ内に手洗い器を付けたいと思っていました。

しかし、価格を聞いたらキャビネット付きのもので7万~8万円
1番安いシンプルなもので4.5万円と、けっこうよい価格
営業マンに値引きを要求したのですが、
手洗い器は商品自体は1~3万くらいで安いのですが、給排水工事がそれ以上の費用がかかる
と値引きは難しいという返事でした。
最終的には、値引きをあきらめて1番シンプルな手洗い器を設置してもらうことにしましたが、
今でも手洗い器は高い!と感じております。

ちなみに手洗い器はこれ↓
kyo_idx_co02_04_img.jpg

最初は公衆便所みたいと思ったのですが、
妻は「逆にカワイイじゃない!?」とのこと。
私も、うちのシンプルでレトロな壁紙には逆に合うんじゃないかと思うようになり、
完成後のトイレが楽しみとなっています。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

キッチン
洗面化粧台に続いて、次はキッチンです。

セシボの標準はサンウェーブのアミィです。

基本的なプランは壁付のI型普通の対面式アイランド型になりますが、
スペースがあり、差額を払えばペニンシュラ型(半島型)Ⅱ型のキッチンなども選べるようです。
うちはLDKの構成と妻が「手元が丸見えなのはイヤ」という意見から、
普通の対面式キッチンとなりました

装備はセシボEXのアミィでは、
パタパタくん人造大理石ワークトップ
浄水器付き水栓食洗機IHヒーター
などが標準となります。

ネットではアミィのウリであるポケット型収納のパタパタくんの評判が、
長いおたまやフライ返しが入らないということであまり良くないです
そのため、包丁を専用に入れるパタパタくんミニという収納に、
ダウングレードしようかと思ったのですが、
妻があっさりと
サイズに合った道具を買い直すし、入らなければ別のところに入れるか、
何かに掛けたり、置いたりする
」と言って、
標準のままでいくことになりました

他にはフラット型のレンジフード人造大理石ワークトップなどを
オプションで選ぼうという話もあったのですが、
見積もりをとると、けっこうなコストアップになり、
もともとそれほど欲しいオプションではなかったので標準でいくことになりました。

カラーはカタログで木目調、オレンジ、赤(私の好み^^;)のどれかにしよう
ということになっていたのですが、ショールームで実物を見て、
妻が最初に「これにする」と
第一印象がよかった「スムースイエロー」というオレンジ色に近いような黄色に決定

サイズが違いますが、これ↓なります。
1_20110723064942.jpg

私が好みだった「ソリッドレッド」と「クラシカルレッド」は、床材(エッセン、ニュートラルというセシボの標準品)とは合わなかったです。
きっと濃い床材(ショコラーデ)かホワイトの床材(リフレホワイト)なら合ったと思います。

正直、「スムースイエロー」には、私は最初、反対していました。

あっ、ちなみに私も料理はするので、男性と言えどキッチンに口を出させてもらってます。

しかし、カタログの「スムースイエロー」の欄を見てみると、
撥油・撥水扉」と書いてあるではないですか
クリーン扉」の機能は全カラーに付いていますが、
この「撥油・撥水扉」の機能は、他にはオプションの上位3色にしか付いていない機能です。
妻は「どうでもいいわ」って感じでしたが、
私(男性)は機能オタクなので、この機能で「スムースイエロー」に反対する気持ちはなくなりました。

ダウンウォール付きの吊り戸キッチンファニチャーは「スムースホワイト」にして、
白い壁紙と一体化させて圧迫感・閉塞感を軽減できるようにしました

最初の画像とこの画像↓を合わせたようなイメージになります。
2_20110723070642.jpg

長文になりましたが、キッチンはショールームに行った効果がでて、
スムーズに決めることができました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

洗面化粧台
お風呂に続いて洗面化粧台です。

うちは母が居るので、洗面化粧台が混むことを想定して、
1Fの他、2Fトイレ横にも洗面化粧台を設置しました。

1Fはセシボ標準のINAXのL.C.(エルシィ)です。
L.C.って何?って思って調べたら、
「Laundry utility Counter」という、何のひねりもない意味でした(笑)

サイズは標準の750mm、
カラーは9色あり、標準では下位(スタンダートカラー)の3色からしか選べませんが、
特にこだわりはないので、スタンダートカラーから下の画像の「シルクウッド」を選びました。
(画像のサイズではなく、またサイドキャビネットはつきません)
迷ったのは画像にもあるオプションのサイドキャビネット

3_20110721052326.jpg

サイズにもよりますが、3.5万~5万円のアップで、微妙な価格

さんざん迷い、造作で扉なしの棚を作ってもらうことも考えたのですが、
最終的にネットで1万~2万円程度で同じようなものが売っているのを知って、
市販品のキャビネットを買うことで、オプションのサイドキャビネットも造作棚もやめました。

市販品は作りや素材の質が落ちますが、その分、気軽に選べて、汚れたり壊れたりしたら捨てられるというメリットがあります。

オプションのサイドキャビネットだと、もし気に入らなかったり、汚れても、
備え付けなので外したり、捨てたりすることはまず不可能。

ここは利点と欠点を検討した結果、カタログ通販やネット、家具店などで購入することにしました。

ちなみについでにダウンウォール機構のついたアッパーキャビネットの見積もりをとったら、
10万円近かったです。

4月にセシボがマイナーチェンジした時に、
トステムやINAXやサンウェーブが統合してリクシルになった関係で、
洗面化粧台はトステムのルーシェという商品から、このINAXのL.C.に変更になりました。
正直言って、質感も細部の作り込みもトステムのルーシェの方が良かったです

リクシルになって良くなる面もあるのでしょうが、
悪くなった面も少なからずあるようです。


2Fの洗面化粧台はINAXのオフトで、サイズは600mm。
契約時の見積もりには1Fと同様L.C.が入っていたのですが、
コスト削減のためグレードを下げました。
本当はもっと安くて簡素な洗面化粧台もあるのですが、
L.C.オフトの変更は8万円近く価格が下がったのに、

オフトからグレードを下げても1~2万円程度しか下がらず、
それならばオフトでということになりました。

カラーは、標準グレードの場合、扉はホワイトのみ。
ボールがピュアホワイト、ピンク、ブルーグレーの3色から選べるのですが、
ピンクとブルーって誰が選ぶのでしょうか?
即答で「ピュアホワイトで」って感じでした(笑)
INAXさん、標準グレードでボウルではなく扉のカラーを選べるようにした方がよろしいのでは

洗髪シャワー水栓で、ホワイトとピュアホワイトの構成になりますので、
ちょうど、下記の画像のようになります。

4_20110721063214.jpg

以上のように洗面化粧台はいたってフツーの構成になりました。




にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村


テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ



プロフィール

ぶりぶりざえもん☆

Author:ぶりぶりざえもん☆
マイホーム購入を夢見る30代のサラリーマンです。
好きな食べもの:魚の南蛮漬け、焼き鳥の皮
好きなこと:何かを買う前ののリサーチ。買ったら満足で関心なくなります(笑)



カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



SUUMO

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)



検索フォーム



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。