横浜で注文住宅を建てる!
30代夫婦(+長男+母)がマイホームを建てる日記です。
土地の高い横浜で、はたして満足できるマイホームは建つのか?
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

照明スイッチの追加
建築確認前に間取りや窓位置を見直していたときに、
照明スイッチで気になる点が出てきました。

間取り図2

まず1つが上の図で赤い四角で囲った部分。
廊下のダウンライト2ヶ所を連動で点けるスイッチが、
元々は赤い四角の右下の母の部屋の出入り口(玄関近く)と、
赤い四角の左側のリビングの出入り口に設置されていました。
しかし、私たち夫婦や子供が2階から降りてきたときに、
廊下のダウンライトのスイッチを点けようとすると、
同線的に非常に不便な位置にあるのではないか
と思うようになりました。

そこで階段下にある階段の照明のスイッチと一緒に、
もう1ヶ所廊下のダウンライトを点けるスイッチを設置しました。

赤い棒線部分です)
俗に言う4路スイッチ?というのだと思います。


2つ目が青い丸で囲った部分。
もともと洗面室のダウンライトのスイッチは洗面室内の1ヶ所だけでした。
しかし、ここでも廊下側からアクセスしたときの動線を考えると、
夜、廊下の電気を消してしまい、リビング側の引き戸が閉まっていた場合、
手探りで洗面室内のダウンライトのスイッチを探さなければならなくなってしまいます
そこで、廊下側(青い棒線部分)にもスイッチを設置して、
3路スイッチに変更しました。

照明スイッチは建築確認後でも変更できますが、
逆に建築確認がなければ改めて照明やスイッチの位置を検討することはなかったと思います。
図面などの再確認は非常に重要だと思いました。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

ダウンライト考察
前回の照明選びの続きです。

最近は家の照明すべてをダウンライトにする方もいるようですが、
うちは玄関(屋外)、2Fトイレ(1Fトイレは階段下にくるので設置できない可能性があった)
リビングとダイニングの補助、廊下に設置することになりました。
それでも総数15個とけっこうな数になってしまったので、
できるだけ安いダウンライトを選ぶことにしました。

選んだのはこれです。
OD062302.jpg


設計士さんからは、少しでも明るくなるように、
反射板すべてが銀色の鏡面のタイプをすすめられたのですが、
ギラギラしすぎて私の好みではなかったので却下
ライトの入り口部分がホワイトのタイプにしました。

あとは、中に入れる電球がミニクリプトン球、電球型蛍光灯、LEDの順に値段が高くなりますが、
1番安いミニクリプトン球のタイプを選びました
ミニクリプトン球は昔ながらの電球と同じく明るいのですが、
消費電力が高いため、ランニングコストが高いです。

設計士さんからもアドバイスをもらったのですが、
電球が切れたり、金銭的な余裕があれば
ヤマダ電機などで電球型蛍光灯やLEDを買ってきて、
付け替えていく方法が1番安くあがる
とのこと。
その方法で対応していきたいと思います。

それにあたって調べたのですが、
断熱材が施行されている場合のダウンライトはけっこう制限があって、
使えない電球型蛍光灯やLEDがあったり、
仮に電球型蛍光灯やLEDが使えたとしても100パーセントの性能を発揮できるわけではないんですね。

最近になって、パソニックが下のような断熱材施行したダウンライト向けのLEDを発売したようなので、
これから徐々にこのような製品が増えていくかもしれません。
l_uj_panaled01_20110709145008.jpg


ひとまずミニクリプトン球が切れたらこの製品か、

もしくは断熱材が施行してあっても使える下のような電球型蛍光灯(40Wの下の製品)を入れたいと思います。
EFA10EL7H2_394296.jpg



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

照明選びで迷う(トイレ・玄関・階段)
階段の照明はブラケットライトから選定することにし、
下の2つで迷いました。

4.jpg

3.jpg

もっといいやつもあったのですが、定価ベースで1個20,000円
とても階段照明にそんなにかけられないと、
定価ベースで10,000円前後の商品から選ぶことにしました。
(ちなみに定価から40~50%offくらいになるようです)
設計士の先生曰く、上のホワイトのスリットタイプが人気らしいですが、
うちはナチュラルなカンジが好きなので、
下の商品のコーナーじゃなく壁につけるタイプにしました。

トイレと玄関の照明はダウンライトでいこうと思っていたのですが、
うちの1Fのトイレは階段下にあり、「もしかしたらダウンライトは難しい」
もしくは「ヘンな位置についてしまう可能性がある」とのことで、
小型のシーリングライトでいくことになりました。
そこで階段の照明に選んだブラケットライトと同デザインを選び、

トイレはこれ
5_20110704060537.jpg

玄関内はこれ
6_20110704060532.jpg

でいくことにしました。
好みのシンプルでナチュラルなデザインだったこともあったのですが、
何より価格が安いとのことで、この選定になりました。

(続く)



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村




テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

照明に迷う(リビング・ダイニング)
4回目の打ち合わせで照明を決めてきました。

まずはリビングダイニングの照明。

うちのリビングは吹き抜けや勾配天井などのこだわった作りになっていないので、
シーリングファンやシャンデリアなどは入れずにシンプルなものを選びました。

私の選択はこれです
a.jpg

妻の選択はこれです。
2.jpg


お互いちょっとしたデザインが入った丸型のシーリングになりました。
私も妻も相手の選んだシーリングでもいいなと思うところもあって、
なかなかどちらにするか決まりませんでした。

そこで、同じデザインで合わせようと言っていた
ダイニングのペンダントライトを見てみることにしました。
すると、私の選んだシーリングライトと同デザインのペンダントライトを見て、
妻が「これはないわ」と言って即却下

私とインテリアコーディネーターの資格を持つ設計士の先生は
「けっこう良くない」ってカンジだったのですが、
私は妻のほうのペンダントライトでもよかったので、
妻のほうのデザインのシーリングとペンダントライトでいくことにしました。

ちなみに同デザインのペンダントライトですが、
これが私の選んだシーリングと同デザインのペンダントライト
b.jpg

妻のほうがこれです
1_20110704051310.jpg

本当は流行りの小さい3連タイプペンダントライトが最も良かったのですが、
うちのリビングは設計上、200Vの大きなエアコンがペンダントライトの設置されるので、
あまり軽いペンダントライトだと大きく揺れてしまうのではないかということになり、
1灯タイプの大きなペンダントライトを選ぶことになりました。

ちなみにシーリングとペンダントライトだけでは明るさに不安があるので、
6つのダウンライトを隅に配置して、補うようなカンジになってます。

(続く)



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ

コンセント数・位置と仮決定
設計士の先生の3回目の打ち合わせに行ってきました。

夫婦二人ではなかなか決まらなかったコンセントの数・位置ですが、
先生のアドバイスを受けると、スムーズに決まって行きました。

各部屋が合わせて26ヶ所(3口コンセント2つ含む)

電子レンジ、冷蔵庫、洗濯機、トイレ用の専用コンセントが5ヶ所

防水コンセントが1ヶ所(庭用)

フットライト兼用のコンセントを2ヶ所(廊下用)

他の電気器具では使えませんが、エアコン専用のコンセントが5ヶ所

合計で39ヶ所となりました。

営業マンが多めに見積もっておきましたという40ヶ所とほぼ同じ数(笑)
う~ん、優秀な営業マンだ(笑)



工夫した点としては
・1FのTVとPC用は3口コンセントにして、できるだけタコ足配線を予防。
 2口コンセントから3口コンセントの変更は大した費用がかからないらしい。


・キッチンにはハンドミキサーやフードプロセッサー用のコンセントをカウンター内側に設置。
 また、キッチンファニチャーのある壁側にも、
 ホームベーカリーなどのためにコンセントを設置した。


・廊下のコンセントはおそらく掃除機用に1つしか使わない。
 もしくは抜き差しするであろうと考え、
 フットライト付きの1口コンセントにしました。
 下のようなもので、これは設計士の先生のアイデア。


ob255001.jpg

あとは入れる予定の家具や電化製品に合わせて、
コンセントの位置や高さを煮詰めてきましたが、

基本的な考えとしては、
・それぞれ部屋のコーナー3~4ヶ所に置く
・コーナーは家具や電化製品を置きやすいので、一部はコーナーから60~90㎝程度離して設置
・開いたドアがかからない位置
・利便性、見た目を考えて照明スイッチの下にも設置

というようにしました。

一応、今回の数・位置は仮決定で、
変更できる機関としてはまだ余裕があるようなので、
もう一度、妻と配置する予定の家具や電化製品をイメージして、
1つ1つのコンセント位置を確認したいと思います。

次回は照明の器具と位置の選定になります。



にほんブログ村 住まいブログへ
にほんブログ村

テーマ:マイホーム - ジャンル:ライフ



プロフィール

ぶりぶりざえもん☆

Author:ぶりぶりざえもん☆
マイホーム購入を夢見る30代のサラリーマンです。
好きな食べもの:魚の南蛮漬け、焼き鳥の皮
好きなこと:何かを買う前ののリサーチ。買ったら満足で関心なくなります(笑)



カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



FC2カウンター



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



リンク

このブログをリンクに追加する



RSSリンクの表示



SUUMO

不動産・住宅サイトSUUMO(スーモ)



検索フォーム



QRコード

QR





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。